ストレスを溜めないためには

ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激(ストレッサー)のことです。たとえば、ボールを指で押してできたへこみを起こす力がストレスなのです。

指で押してできたボールのへこみはやがて時間が経過するとともに元通りになります。私たちもストレスによって一時的に健康不良となっても、休息をとることによって健康な状態に戻ることが出来ます。

これは、「ホメオスタシス」(生体恒常性)という、体の働きのおかげです。ただし、圧迫が強すぎたり長すぎると、ボールは元通りにはなりません。

私たちの体も同様に、ストレスが強度で、長くさらされていると、ホメオスタシスが働かなくなるので、ストレスの影響が強度にならないように常に調整する必要性があるのです。

多くの人が「ストレス」は、「なくすべき」「排除すべき」と即行判断しがちですが、本当は、人間は、ストレスを感じることができるからこそ、同時に生きることができるのです。

たとえば、「疲れ」というストレスを感じなければ、働きすぎで健康を害してしまいます。また、「不安」や「不満」がなければ、努力しようという気が起きないでしょう。

「暑さ」「寒さ」を感じなければ、保身することも忘れてしまいます。ストレス学説の祖であるハンス・セリエ博士は、「ストレスは人生のスパイス」と言いました。ストレスという適度なスパイスがあるから、私達は人生をよりよく調理することが可能となり、自分自身を向上させながら人生を歩むことができるのです。

この世に生存し続けていくためには絶対に継続して付き合っていかないといけないのがストレスです。

だからこそ、ストレスを募らせてホメオスタシスを崩壊させないように、考え方、行動の仕方、生活習慣を見直していくことがとても重要です。

たとえば、マイナス思考で考えたり、日頃、常に人に気配りをするために神経を酷使していると、ストレスはドンドン溜まって行くばかりです。

また、ハードな生活、乱雑な生活習慣、楽しみ不足の生活などを続けていると、ストレスはいつまでたっても消滅しません。

このように、ストレスの悪い影響を増大させないためには、日頃からストレス状況をよく管理し、ストレスとの関わり方を再検討していくことが重要になります。

スポンサーリンク