更年期障害 症状

更年期障害 症状40代から50代にかけて、女性は閉経に近づくにつれてホルモンバランスが崩れ、その結果 更年期障害と言われるさまざまな不快症状に悩まされる事があります。その期間は閉経をはさむ約10年間に渡ると言われています。女性のホルモン、エストロゲンの減少によってこのような辛い症状が出るのですが、実は
男性も同じように更年期障害の症状が現れることが最近では知られるようになってきました。

さて、それではこれらの症状についてご説明していきます。人により、その症状の出方にはかなりの差があり、日常生活に支障があるほど思い症状の方もいれば、更年期障害だと気が付かない程度の方もいらっしゃいます。

最近何となく体調がすぐれない、もしかしたら更年期障害かも・・・? と思い当たる方は、どのような症状を自覚しているのか、自分でチェックしてみることをおすすめします。以下に挙げるチェック項目に当てはまる症状がいくつかある場合には、更年期外来や婦人科などに受診してみることをおすすめします。

更年期障害の症状
汗をかきやすい・突然全身に汗が出る・動悸・めまい・ほてり・のぼせ・手足の冷え
肩こり・腰痛・頭痛・耳鳴り・不眠・イライラ・気分の落ち込み・怒りっぽくなる
手足のしびれ・生理周期が不定期になる・不正出血がある・尿漏れ・排尿痛

スポンサーリンク