口臭の原因

口臭の原因口臭や体臭の原因について調べてみると、大きく分けて2種類あるそうです。一つ目は、比較的対処しやすいケースで、虫歯や歯周病、口内炎、鼻炎、蓄膿症などがあるために発生する口臭。 原因がこれらの場合には、それぞれの疾患に対処し、症状が改善すれば口臭も自然となくなります。

二つ目が、いわゆる「体質」として一くくりにされてしまう「原因の特定できない臭い」です。この場合、何かの病気や疾患、薬の副作用などが原因かもしれないし、内蔵がきちんと機能していないという原因も考えられます。これらは、現代の西洋医学ではほぼ解明できていません。
健康に害を及ぼしたり、重大な病気の一つの症状などではないという性質上、口臭や体臭は重要視されないためです。 

けれど、生まれたての赤ちゃんに口臭のある子ってほとんどいませんよね。 みんなできたての細胞で元気な身体で生まれてくれば、臭いなんてしないんです。

歳を重ねることで食生活、生活習慣、ストレスなどなど 色々な環境の変化があります。その結果、身体に負担がかかり、口臭や体臭となって負担のかかっている部分をアピールしているんです。その原因を出来る限り探り当て、根本的な対処をすることがニオイへの対処法となります。

スポンサーリンク