アトピー素因とは

アトピー素因とはアトピーに悩む方は、成人から子供までとても幅広い年齢層に存在しますね。そもそも、アトピーとは一般的に体が過剰なアレルギー反応を起こしている状態のことを指します。
また、この「アレルギー」という言葉は、ギリシャ語の造語で「変化した反応能力」という意味を表しています。上記のような症状が起こる原因は、アレルゲンという抗原が体内に入る事で体内で抗体反応を起こすこと。
この反応が過剰すぎて、体に害を及ぼす場合に「アレルギー」、有益な場合は「免疫」と呼んでいます。アレルゲンが体内に入ったとしても、辛い症状を起こさない人もいます。アレルギー症状を起こしやすい体質の人の事を「アトピー素因」と呼びます。

「アトピー」は、ギリシャ語で「奇妙な」という意味を持っています。成人してから初めて発症する人もいれば、乳幼児の頃から症状に悩まされるご家庭も多くあります。
子供によくある症状は、食物アレルギー、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などが多く見られますね。これらの反応は遺伝的な要素が大きいと言われています。

アレルゲンが体内に入った際に、レアギン抗体というものが体内で作られ、これが血液に混じって全身に運ばれ、蓄積されていきます。そうして、アレルゲンとレアギン抗体が反応して化学物質を放出し、つらい症状となって身体に出てくる仕組みになっています。

スポンサーリンク