アレルギー症状

アレルゲンという抗原が体内に入ることで、さまざまなアレルギー症状が引き起こされることは一般的に知られるようになってきましたね。 抗原の種類によってアレルギー症状が変わってきますので、それぞれに一番効果的な対策を取り、専門の科に受診することが重要になってきます。

身体のどの部分から侵入してくるかでも症状は変わってきます。 まずは口から入ってくる「食物抗原」について。卵や牛乳、小麦、蕎麦、大豆などに含まれている抗原を摂取することで、じんましんや痒み、嘔吐、腹痛、下痢などを起こします。

アレルギー症状次に空気に含まれる抗原の種類です。鼻や口から吸い込み、そこからアレルギー症状を引き起こす原因となります。代表的なものはチリやダニ、カビ、ペットなどのフケ、花粉などが挙げられます。
これらを吸い込むことで、多くは気道アレルギーとして症状が現れてきます。くしゃみや喘息のような息苦しさ、鼻水、鼻の痒み、気管支喘息、鼻炎などが見られます。

次は、皮膚から侵入するタイプです。
主にダニ、チリが挙げられます。これらの抗原は皮膚アレルギーとして、赤み、ただれ、痒み、湿疹となって現れます。代表的なものにアトピー性皮膚炎がありますが、長期間にわたる強烈な痒みが辛い症状としてよく知られています。

経過についてでは、大人と子供でかなりの違いが出てきます。子供の頃のアレルギー症状は、成長することで抗原が変わり、症状が出なくなることが多々見られます。

スポンサーリンク